11月12日予約開始!札幌冬割おすすめホテルはこちら

中華バルゆんろん|ランチ・昼飲みOK!1人前の小皿料理で気軽に寄れるすすきの中華

すすきの 中華 ゆんろん

むね

むね@札幌グルメ「ヒンナヒンナ」です。(twitterinstagram)

すすきの「中華バルゆんろん」

お散歩中に見つけたお昼から営業で、ランチや昼飲みに重宝するお店。

元々は札幌駅北口で営業されていましたが、2020年10月にすすきのへ移転。

お店のファンも多く、愛さえる町中華のご紹介です。

すすきの中華ゆんろんへのアクセス

すすきの南側7条通り沿い、有名クラブキングムーの斜め向かいの五條ビルDEUX3階。

お昼は人通りが少なく、ビル前に看板が出てるだけなので少し気付きづらいので注意してね。

【駐車場は無し】

すすきの中華ゆんろんの店内

移転オープン後まだ1年と清潔感のある店内。

ご夫婦かな?男女お2人がとても丁寧な接客で、居心地の良いお店です。

【店内全席喫煙】

すすきの中華ゆんろんのメニュー

ランチメニューにお通し料などは必要ありません。

ご飯のお供、サラダ、スープ+メインを選びます。

人気1位麻婆豆腐900円、2位牛肉と卵の甘辛炒め1,180円、3位黒酢酢豚980円などメインによって価格が変わります。

ご飯大盛り無料、チャーハンに変更は100円追加です。

昼飲み利用の場合はお通し3点450円。

ランチタイムの混雑時は提供できないメニューもあるので注意してね。

餃子などのメニューの写真を撮り忘れました。

グランドメニューは全て1人前の少量で提供、値段もリーズナブルで1人でも数品食べれるのは嬉しい。

飲み放題の設定はありませんが、2~3千円でサクッと飲みにも利用しやすいお店です。

すすきの中華ゆんろんの感想

黒酢酢豚定食980円+チャーハン100円。

チャーシューや椎茸などが入った王道のパラパラチャーハン。

シンプルで少し薄味ですが、おかずとよく合う味付けです。

タラの山椒焼きなどお酒にもご飯にも合うお供が3品付きます。(随時変更)

豚バラをトロットロになるまで煮込んだ黒酢酢豚。

ツンッと抜ける酢の感じが非常にまろやかで、餡のトロミも抜群です。

野菜類が少なめですがお肉をじっくり味わう酢豚です。

餃子は3個380円(写真忘れの為記憶頼りです)

特製の酢山椒が抜群で酢の角がなくなり非常にマイルド、さらに山椒の香りも酢に移り最高。

モチっとした自家製の皮が特徴的で、あっさりした餡はニンニクなど臭いのキツい物は入ってないかな?

餃子のタレもありますが、ぜひ酢山椒とラー油で食べてみてね。

麻婆豆腐580円。

豆腐が非常に特徴的で、絹豆腐の水分を抜くことで層のようなサクッとした不思議な食感。

山椒の香りが強いですが辛さは控えめ、とろみが通常より強く感じました。

この麻婆豆腐とても美味しいのでぜひ食べてみてね。

お店の詳細&YouTube紹介

店名 中華バルゆんろん
住所 札幌市中央区南7条西4丁目2  五條ビルDeux3階
営業 月〜木12時〜15時・18時〜翌0時、金18時〜26時、土18時〜24時
定休日 日・祝
電話 011-511-8338
お支払 現金・要確認
たばこ 全席喫煙
Wi-Fi 要確認
サイト Instagram公式サイト

すすきのでランチだけでも珍しいのに、昼のみもできる中華なんて最高です。

1品の量を少なく1人でも色々楽しめるような工夫もされ、ソロのちょい飲みにも活躍するお店。

今回品数あまり食べれませんでしたが、麻婆豆腐は特に絶品でした。

とても素敵なお2人がされてるので是非行ってみてね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

近くのオススメ飲食店はこちら

虎鯨(ふうじん)|高級感漂うオシャレ北海道中華がすすきのにNEWOPEN! 狸小路 中華 ナリケン おやじ中華ナリケン|個性が大爆発!行く人も気合が必要な街中華。 すすきの 中華 アテニヨル リトルチャイナ 酒肴日和アテニヨル・リトルチャイナ|デートに使えるオシャレなダイニング中華