札幌グルメアワード2019年上半期編

プロフィール

はじめに

こんにちは「ヒンナヒンナ」を運営している”むね”と申します。

ヒンナヒンナとはアイヌ語で”食事への感謝の言葉”の意味があり、

札幌の”おいしい”や”たのしい”を発掘し地域ブログを発信していています。

自己紹介

筆者は大阪府の八尾市と言う土地で生まれ育ちました。

ひったくり件数日本一と言うとんでもない場所ですが、人情味のあふれる下町です。

歌手の天童よしみさんや清水翔太君、俳優の豊川悦司さんなどが有名です。

「聖徳太子の母親で穴穂部間人皇女も僕の先輩です。」

(あなほべのはしひとのひめひこ)と読みます。笑

保育園児の時から運動会で逆走したり、

お昼寝時に勝手に家に帰ったり、

この時からすでに右斜め上の性格をして育ってきました。

小学校の思い出は、5年生の時に鬼ごっこで工場の屋根を走り回っていた時の事です・・・・

ドカッ!!と屋根が崩れ落ち、10メートル下に転落してしまい大ケガ!!

鼻からの大出血にパニックになってしまい、止血をしながら救急車も待っていました。

すると救急隊員の方が慌てて、「きみそこじゃないよ!!」と手当てをし始めます。

その時の絵がこれです。

アゴが切れているのに気づかず、10分間も止血風な事をしていました。

そんなおっちょこちょいな小学生時代も終わり、

中学校時代は剣道に打ち込みそこそこ強かったのですが、頭を打たれ過ぎて成績は低迷しておりました。

高校は何を血迷ったのか男子校に進んでしまい、ぶっ飛んだ友達が多かったので静かにしていました。

高校卒業後安定の浪人開始→予備校ですぐ彼女を作る→第一志望に不合格で北海道の大学へ

大学は本当に楽しく、たくさんの友達にも囲まれ充実の学生生活でした。

卒業時の新卒入社の会社を3日で退社してしまい、もうアホそのものですね。

その後北海道物産展の営業で各地のデパートを周り、おばあちゃんキラーの特性を活かし

ウニや鮭や昆布を売りまくっておりました。

20代後半で退職し、夢のダーツバーを札幌で開店

その時に妻の才能が一気に開花し、特殊技能で日本一に輝きました。

そこからお客様も増え完璧に調子にのってしまい、離婚からのお店も閉店し完璧に詰んだ・・・

後悔先に立たずとはまさしくこの事、気が狂った毎日を過ごしている時にブログに出会いました。

好きなもの

・食べ物

30代になってもビュッフェが大好きで食べ歩いています。

モチモチした物とサツマイモのお菓子に目がなく、コンビニで出会えば即買いしてしまいます。

・ダーツ

ダーツ歴は10年で昔はソコソコ上手かったのですが、最近はハードダーツをメインにしております。

ご旅行で札幌に来た際はオススメのダーツバーをご案内いたします。

・映画

Netflix、Hulu、Amazonプライムを契約するヘビーユーザー

最近は旅番組が大好きで良く見ています。

オススメは「旅猿」「坂上忍流ディープな夜遊び」「千原せいじ漫遊記ふれあい旅」

・読書

離婚の影響か、哲学や自己啓発本が好きになってしまいました。

ぜひ「アドラー」や「コーネギー」好きの方は語りましょう。