札幌グルメアワード2019年上半期編

北海道民インタビュー第1弾!【札幌大道芸】パフォーマーケイタ君

むね

こんにちはむね@なまら札幌ブロガーです

今回は初めて気になる人にインタビューをしてまいりました!

北海道で大道芸をしているパフォーマーのKEITA君です。

現在大道芸を専業として生活している苦悩や今後の抱負まで、彼が描く北海道の大道芸の未来とは・・・?

パフォーマーケイタ君のプロフィール

ケイタ君は現在34歳で奥様と2児のパパの4人家族を支える大黒柱、親しみやすいトークと確かな技術を持ち味に驚き、笑い、感動を届けるパフォーマンスに力をいれています。

経歴
  • 1999年World Yo-Yo Contest(ヨーヨー世界大会)第6位
  • 2000年株式会社BANDAI主催Hyper Games ディアボロ部門北海道優勝・全国大会準優勝
  • 2015年札幌市地下歩行空間チカ☆パコンペティション!最優秀賞
  • 2016年北海道グリーンランドパフォーマーズグランプリ準優勝

中学校時代に一大ブームになったハイパーヨーヨー、30代の男性は1度はやったことある人も多いはず。

彼はそんなハイパーヨーヨーで日本を飛び越え、なんと当時ハワイで開催された世界大会で第6位に入り、当時から大器の片鱗をのぞかせていました。

そんなヨーヨーだけでは飽き足らず、次の年にはディアボロ↑(中国コマ)で全国準優勝まで駆け上がりました。(手先の器用さがハンパない!)

その後進学や就職などがあり、一時期離れていましたがパフォーマー熱が再燃し今に至ります。

そんな彼に今に至るまでの紆余曲折を色々聞いてみました。

パフォーマー専業なるまで何をしていたの?

むね

ケイタ君今日はよろしくお願いいたします。

KEITA

よろしくお願いします

むね

早速ですが、中学生時代の経歴がすごいですね!

KEITA

ありがとうございます!手先は器用な方で当時のめり込んでいました。

むね

これで生活しよう!この道を究めようとは思わなかったの?

KEITA

ハマっていた時期はまだ中学生で、先のことは考えていませんでした。実際高校から徐々にやらなくなって、大学では辞めてしまいそのまま就職していました。

むね

10年ぐらいは離れていたんだね!その間は何をしていたの?

KEITA

普通に大学を卒業してSE(システムエンジニア)をしていました。結婚もして子供もいましたし、今からは想像できませんよね笑

結婚をして子供がいて、これはまだまだ色々ありそうだ!

パフォーマンス再スタートから専業へ

むね

なぜパフォーマーを復活しようと思ったの?

KEITA

当時27、8歳でたまたま見た路上パフォーマンスがきっかけでした。当時はSEの給料だけでしたので、路上パフォーマンスでお小遣いを稼げれば良いなと言う理由でした。

むね

なるほどスタートは家族を楽にさせたいからって理由なんだけね、それは泣けるね~涙

KEITA

いや、飲み代をなんとか・・・!うそうそ家族のためです!笑

むね

でもそこから専業になるって大変じゃない?家族の反対とか無かった?

KEITA

2年ぐらい会社員と週末パフォーマーをしてたんです。(会社には内緒)その時札幌地下歩道に出演するのに必要な、ライセンス取得オーディションが開催されることになったんです。

むね

ほーほ、で結果の方は?

KEITA

1回で運良く合格することが出来ました。当時は参加人数も少なかったので、現在は参加人数も増えて北海道のレベルが上がってきてるなと感じます。

KEITA

それと同時に夏場長期間のルスツリゾートでのパフォーマンス依頼もきて、もう会社員との副業ではやれなくなってきたので家族に相談しました。後お客様からの反応をもっと見たくなったのもあります。

むね

家族の反応はどうだったの??

KEITA

両親はすごいアッサリしてましたね、「お嫁さん側の家族も了承してるなら良いんじゃない?」ぐらいでした。妻は最初は心配していましたが、仕事の依頼もきていましたし最後は押し切った形でした。

仕事の依頼もあって収入の目途がある程度あっての独立できたんだね、次はもう少しお金について聞いてみよう。

パフォーマーを専業にしてからの収入は?

 

むね

ではいよいよ現在の収入について聞かせてください。

KEITA

細かい収入は勘弁してください、ただSE時代より収入は上がっています。

むね

お~!内訳なんかを聞いても大丈夫?

KEITA

はい、北海道のパフォーマーは季節に大きく左右されます。夏場のイベントやルスツでの営業が多い月は収入も多いですし、逆に今月11月は・・・キツイです笑。この時期は地下歩道と施設などのイベントでなんとか乗り越えてます。

今は収入が安定して軌道にのってきた形だね、では将来についてきいてみよう。

パフォーマーとして目標や不安は?

むね

ケイタ君は今後の目標や不安などある??

KEITA

目標は全国でもっとパフォーマンスをしたいです。静岡や仙台ではライセンス取得をしたので、東京のヘブンアーティスト(国内最大)のライセンスを取得したいです。

KEITA

不安はあまりないですね、年齢的な疲れは少しづつ出てきましたが、それも含めてどう言う演出をするかもプロのパフォーマーだと考えています。守りの先にある不安より、可能性を追求した未来を切り開いていきたいです。

むね

とっても前向きな考え本当に尊敬します。今日はありがとうございました。

KEITA

ありがとうございました。これかも喜んでもらえるパフォーマンスを追求していきます。

パフォーマンス・大道芸についてまとめ

北海道の大道芸はどんどんレベルアップしているのを肌で感じるようです。

ケイタ君なりのパフォーマンスを日々研究するのが今の趣味のようで、インタビュー中も手先を鍛える練習でルービックキューブをクルクルさせています。(バラバラにしても1分かからず元に戻すスピード)

ケイタ君のイベント依頼はこちら

今後もケイタ君のパフォーマンスを追って行きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA