YouTubeやInstagram、各種SNSはこちらへ!

備えが大事!【北海道地震】で被災をして感じた事まとめ。

みなさんこんにちはムネ@短所を長所へアップデート!(@nem_hero)です。

さて現在2018年9月8日18時でございます。

正式名称「北海道胆振(いぶり)東部地震」が起こったのは2018年9月6日AM3時頃でした。

そこから現在2晩が過ぎて、電気・ガス・水道のライフラインが復旧した直後でございます。

筆者は小学生の頃に阪神淡路大震災を経験し、北海道で初めて大きな震災に会いました。

そこで感じた事を書きたいと思います。

北海道地震発生~停電まで。

9月6日深夜3時頃でした。この日はちょうど寝る直前でした。

急にグラッと揺れ始め、縦に突き上げるような揺れがおよそ1分ぐらい続きました。

最初の揺れでは何ともなく、友人たちとラインでヤバイ揺れだったねと会話をしておりました。

まずここで用意する事があります。

体感した事ない揺れの場合はすぐに行動しましょう!!

  1. ライフラインが生きているうちに確保(浴槽に水準備、避難用物資準備)
  2. 外に出れる格好に着替え、すぐに出れるようにする。
  3. 1人暮らしの方は友人・知人と集まれる場所を連絡しあって素早く決めておく。
  4. エレベーターは絶対に使わない!(家のマンションは5~6階の間でブザー鳴らしながら止まっていました)

そしてゆ・・・・・書いてる今も震度4の揺れが来ました。本当に怖い。

そして2度目の揺れの後、電気の供給がアウトになりました。

この時点でエレベーターはほぼ100%アウトです。

情報がないので、携帯のラジオアプリを使いましょう。

radikoをダウンロードはこちら。

停電も1時間も越えて、復旧の見込みが立たないので外の様子を見に行きました。

その時の高層マンションの様子がこれ、写真なので明るく見えますが実際人の目では真っ暗です。

この時点で深夜4時、コンビニに人が続々入り始めます。

  1. 水、パン、カップラーメンなどはすぐに売り切れる。
  2. 自動販売機が防災指定の物は災害時使えるらしいが現状全くない。
  3. 知人が強盗にあいました。(極力1人では外を歩かない事)

防災対策自動販売機が圧倒的に足りません、コンビニも閉めるところが圧倒的に多いです。

北海道は初動でセイコーマートが停電後も手動で営業していましたが、これにも限界があります。

出来るだけ震災時に確保せず、前もって確保するようにしましょう。

日の出~状況把握できるまで。

深夜5時頃から徐々に「これはヤバイんじゃないか?」となっていきます。

この時点でコンビニはパニック買いで、ほとんど物はありません。

次に混むのはガソリンスタンドです。

  1. 3日分の食糧で飢えはしのげる。まずは前もって3日分用意!!
  2. ガソリンスタンドが混むと3時間以上の待ちも当たり前。
  3. 情報パニックにならない。
  4. 友達or避難所に合流する。

何度でも言います。スーパー、コンビニ、食料はパニック買いでみんな想像居以上に買い込みます。

だから前もって3日分は用意しましょう!!!

そして車のガソリンがここまで大事かと思い知りました。

間違ってもランプが付くまでカスカスで乗らない!(半分ぐらいまでいったら満タンを意識しましょう)

筆者は前日に満タンにしていたので、この震災で給油せずに乗り切りました。

*情報パニックにならない。

自衛隊からの情報です。今後5時間から~6時間以内に最大震度の地震がきます!

NTTの友人の話しです。もうすぐ電波塔の電力喪失により携帯の電波が切れます。!

など数えきれないデマが拡散されます。

よかれと思ってシェアやリツイートをすると数万人、数十万にあっという間に拡散してしまいます。

まずはデマの拡散、情報によるパニックは避けましょう。

そして地震発生~2日は、余震~本震が来る可能性があります。

そして1度強い揺れを感じると、心がパニックになります。

いつ来るか分からない地震の中、睡魔も感じず体だけが疲労していきます。

日が昇って移動できるうちに友人と合流して夜を迎えましょう。

筆者は23時間寝れずに、友人と合流後やっと数時間寝る事ができました。

2日目の朝~夜

停電地区からみた電気復旧が早い場所の光景です。

2日目はいよいよ情報の全体像が見えてきます。

停電までの復旧速度、自衛隊が出動するのか、避難所はどこ、給水所はどこ

災害をリアルに感じ、更に混乱が起こります。

信号が動いてない中、車が動き出して本当に街が危なくなりました。

災害出動が大切な時に事故出動するのでは、警察・救急車・パトカー全てが本末転倒です。

ガソリンスタンドは1km以上の列、食料品もどこを探しても買えません。

出来るだけ動かない、食料品を買うのに体力を使っては意味がありません、集まって過ごしましょう。

3日目~現在

現在最初の大きな揺れを超える本震はありません。

9割以上の世帯で電気も復旧し、少し日常が戻り始めました。

3日が過ぎようとする今、とても本当に思う事があります。

1、3日分の食糧は準備しましょう!

水、携帯トイレ、食料、汗拭きシート、ライト、モバイルバッテリー

今回大規模停電で情報が入らず、モバイルバッテリーの重要性がとても高かったです。

2、車の燃料やポータブルストーブ!

車の燃料に3時間並びが当たり前、これが冬場なら更に燃料は重要になってくると思います。

冬場は灯油ストーブに、予備の灯油なども常備すると良いでしょう。

3、1人にならない。!

1人に慣れてしまうと、誰かに頼る事が出来なくなります。

すぐに誰かといるようにしましょう!震災1日目の夜に1人は気が狂いそうになります。

友人、家族、避難所、とにかく1人では居ない。

4、携帯のキャリアを考えよう。

今時代は格安シムですね、しかし今回格安シムを使用の友人は最大半日電波が入らず、かなり怖かったようです。

そう言う意味でdocomo、au、softbankはやはり強いです。

あなたはどう考えますか??

5、心配なのは分かりますが、道外の方からの連絡は控えましょう。

今回停電が大きな報道になりました。そう言う時は道外の方からの連絡は控えましょう!

携帯の電源が取れない中、連絡対応はかなり電力を消費します。

道外にお住いの家族の方はとても心配かと思いますが、ひと呼吸おいて今の状況を考えて頂けると助かります。

6、現金の準備もしよう

最近電子決済やクレジットカードを使う方も多くないでしょうか??

しかし停電時は現金が大切!!

いつでも使えるよう現金の準備をしましょう。

今回筆者の家はライフラインのうち2つは残っていました。

場所によっては全てのライフラインが止まったところもありますが、助け合いでどうにかなるレベルでした。

これが冬場に全部止まったらと考えるとゾッとします。

いかに日頃からの備えが大切か思い知りました。

このブログが誰かの為になれば嬉しく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。